1.長時間同じ姿勢をとらないようにする

デスクワーク作業が中心の仕事のため、椅子に長時間座り続けることが多かったため、そのせいで血の巡りが悪くなったり、肩こりにつながるのではないかと思い、1・2時間に1度は席を立ち、飲み物を淹れに行ったり、お手洗いに行ったり行くなどして、肩の力を抜く時間を意識的に作るようにしました。

2.運動する習慣を少しでも作る

肩こりに悩む以前は、バスと電車を利用して職場に通っていましたが、自転車を購入して最寄り駅に通うようにして毎日少しでも運動する時間をとるようにしました。往復で40分程度ですが、肩だけでなく他の筋肉も動かせるので自分には合っていると感じています。ただ、雨や台風の日は実行できないのが難点なので、休日に公園などに散歩に行ったり、スポーツジムに通うなどを検討しているところです。

3.シャワーだけでなく、バスタブにお湯を張り肩まで浸かるようにする

これまで入浴をするのが面倒で、シャワーを使うことが圧倒的に多く、バスタブに浸かることはほとんどありませんでした。しかし、整体に行った際に、整体師の方から、「時間があるときでいいから、バスタブにお湯を張って肩まで浸かること」をおすすめされました。その際も、長時間浸かっているとかえって心身に負担をかけたり、のぼせてしまったり、冬場だと外気温との差があるため、立ちくらみやめまいが起きないように注意するように言われました。即日融資 おすすめ