世の中には歌を歌うことが上手な一般的に「美声」と言われる人と、下手な「音痴」とも言われる人がいます。 小学生時代、人前で歌を歌うことが恥ずかしいほど音痴だった私は、いつしか性格も内向的になってしまいました。 自宅での発声練習やボイストレーニングなどを行っても改善されなかった音痴が、あるできごとをきっかけに人前で歌を歌うことが嫌でなくなりました。

小学生時代、周りで聞いている人もつい笑ってしまうほど音痴だった私は、悩んだ末、当時の音楽の先生に相談することにしました。 「歌が下手でも、恥ずかしがらず自信を持って歌えば、周りの人は真剣に聞いてくれる」と音楽の先生は言ってくれました。 先生のアドバイスを聞いたその後の音楽の授業で元気よく大きな声で歌い、歌い終わった私に、クラスメートの全員が拍手してくれました。 歌うことに自信が持てるようになった私は、大勢の人がいる前でも胸を張って歌うことができるようになりました。

私の体験が参考になるかわかりませんが、音痴で悩んでいる人は「恥ずかしい」と思わず、自信を持って歌ってほしいです。キレイモ vio